Skip to content

会社設立代行を利用するメリットとは

起業する際に、利用する方も多いのが会社設立代行です。

会社を設立する際にはさまざまな手続きが必要になります。定款を作り認証を受け、登記などをしなくてはいけません。この際の自身で手続きをするとなると、書類は自分で記入して提出する必要があります。会社を設立するのだから、手続等は経験しておこうと考える方もいるかもしれませんが、これをすべて行うには時間が必要で大変労力がいります。

このような手間をなくせるのが会社設立代行を利用する最大のメリットと言えます。書類の作成はすべて任せられます。このため、会社設立がスムーズにいき最短では1日で会社の設立をすることも可能です。代行を利用すると起業時の費用をおさえられるメリットもあります。

定款の認証は書面でする場合には費用が必要になります。定款の認証の際には印紙を購入しなければならず、この費用が4万円です。しかし、依頼した場合は電子認証で定款認証を行うため、この印紙代が不要になります。

自分で電子定款もできますが、PDFfソフトや電子カードリーダーを準備し、事前に電子証明書の交付も受けなくてはいけません。これらにも費用がかかるため、代行に依頼したほうが費用をおさえることができます。

また、起業の際は資本金や商号などさまざまな重要事項を決めていかなくてはいけませんが、相談しながら決めていけるというのもメリットといえます。この他、許可申請の各種手続きや設立後のアフターサポートをしているところもあります。このようなことから、起業の際に会社設立代行が利用されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *