Skip to content

会社設立は代行してもらうべきなのか?

会社設立は代行してもらわなくても自分で設立できます。

ただ、手続は何かと面倒ですので、会社をこれまでたくさん作ってきた人でもこれを専門家に任せているケースは少なくありません。手間を避けたいなら代行業者を活用したほうが良いです。また、初めての人で失敗せずに会社設立したい場合も、代行業者を使うのはおすすめです。

会社設立について詳しい専門家がしっかりと手続きを行ってくれますので、手探り状態でやらなくても良くなります。費用はかかりますが、低コストでやっているところも少なくありません。中にはゼロ円で請け負っている士業もあります。もちろん、ゼロ円の場合は必ず何か別のサービスとセットになります。士業がやっている場合は顧問契約とセットとしていることが多いです。

会社の場合は会計ソフトの購入が条件であることもあります。こういったセットではなくても安いところはあります。さすがにゼロ円ということはありませんが、それを専門的にたくさん請け負うことでコストを抑えている場合などは、数をこなすことで十分利益になることから、安くしても問題がありません。

行政書士がやっているパターンが多いですが、行政書士が会社設立代行でできるのは定款の認証までです。したがって、登記は司法書士などにお願いするか自分でやるしかないです。ただ、行政書士や税理士などの登記ができな士業でも、司法書士と提携して請け負っている場合があります。その場合はすべて任せることが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *