Skip to content

会社設立代行を使うと自分でやるより安い

会社設立代行業者を使うと、自分でやるよりも安く会社設立ができます。

これには理由があり、代行業者が定款を電子定款で作成してくれるからです。通常の紙の定款だと印紙代の4万円が必要ですが、電子定款にはそれがかかりません。代行業者を利用した場合の実費負担は依頼者となるため、必要なお金が減れば当然安くなります。

それなら業者を使わないで自分で電子定款を作ればそれより安くなるのでは、との疑問が生じます。確かにその通りなのですが、電子定款を作るためにはPDFソフトが必要になりますし、ICカードリーダライタも必要です。これらを買うと大体4万円ぐらいになってしまいます。代行業者の手数料は安いところだと1万円程度ですから、持ってない人が自分でやるより業者を使った方が結論として安くなります。

持っている人なら会社設立を自分でした方が確かに安くなるでしょう。ただ、自分でやるということは面倒です。時間もかかりますので、それに時間を割くことが嫌なら業者を使った方かを良いです。手間がかからないだけではなく、専門知識を持っているのでそれを活かして仕事をして貰えますから、素人が自分でやるよりも効率的です。

様々な会社や士業がやっていますが、行政書士がやっているのをよく見かけます。行政書士は冬季関連の仕事が出来ませんが、司法書士に外注しているところの場合は、登記関連も合わせて任せることが可能です。定款作成だけを頼んで登記は自分で、ということも可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *