Skip to content

会社設立を代行する士業が在籍する企業

会社を設立する手続きを代行してくれる会社の特徴は、会社設立を忙しい発起人の代わりに進めてくれることが挙げられます。

企業として堂々と名乗ることを可能とするためには、法律で決められている条件を満たすことが必要です。代行会社を利用すれば、自分で法律を調べて手続きを行う必要がありません。例えば、会社設立の手続きを行ったことがある人であれば問題ありませんが、行ったことがなければ何から始めれば良いのかが分からないことになってしまいます。

しかし代行会社に会社設立の手続きを代行してもらえば初めて会社を立ち上げるという方でもスムーズに設立することが可能ですし、手続きを行なったことがある方であっても、手続きにかかる時間や手間を省いて本業に力を入れることが可能です。そして会社設立の代行業務は、行政書士や司法書士などといった士業が受け付けている場合が多いと言えます。

士業ではない企業が行っている場合は企業の内部に士業を担当している人がいたり提携したりして受け付けているため、重要な役割を担っているのは士業ということになるのです。

士業と一口に言っても色々ありますが、業務範囲が違います。税理士や行政書士が行うことが出来るのは定款を認証する作業までしか行えません。司法書士や弁護士は、登記書類を作成したり登記を代理人として申請する作業まで行ってくれます。

ある範囲の業務を行えない場合があってもその業務を行うことが出来る士業の方と提携して業務を遂行する企業もあるため、詳しくは各企業に確認することが必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *