Skip to content

会社設立の代行サービス業者が行っていること

会社設立を自分で行うとなればたくさんの書類を作成しなければなりませんし、役所に行く時間もかかります。

無理せず代行サービス業者に依頼しましょう。例えば定款を会社設立にあたって作る必要があります。会社の商号や住所、事業目的などを載せたものが定款です。資本金や役員、その任期なども載せます。電子定款であってもその認証を受けるために発起人全員で公証役場に行かなければいけません。

代行サービス業者に頼めば代理申請してくれます。従来の紙ではなく電子媒体の電子定款の方が良いかもしれません。紙の場合は4万円の収入印紙が要りますが、電子なら書類ではないので収入印紙は必要ありません。会社設立後のサポートも代行サービス業者は行っています。

税務署、また都道府県や市区町村に提出する法人設立届出書という書類も作ってくれます。棚卸資産の評価法の届出書、減価償却資産の償却法の届出書、青色申告の承認の申請書なども作成してくれます。頼めば税務処理の仕方や納める税金の金額を減らす方法なども教えてくれるでしょう。

司法書士や行政書士、税理士なども会社設立の代行サービスを行っています。そのホームページを参考にして最適な所を選び、その事務所に問い合わせてみてください。

サービスを利用した人の声が載っていたら、それも読んでみましょう。会社設立の際にトラブルがあるかもしれません。トラブルは弁護士事務所が解決してくれるでしょう。場合によっては他の士業と組んで解決してくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *