Skip to content

会社設立代行業者を使う

会社設立をするためには、法律に従って手続きを行わなくてはなりません。

この要件を満たさないと正式に会社として法的に認められることはありませんし、たとえ外見上会社として成立したように見えても、無効主張がなされて法的にややこしくなることもあります。

したがって、会社設立にあたってはしっかりと商法に定められた条件を満たして手続きをしていく必要があります。会社設立代行業者は、士業がやっているのでこの点で問題が起きることはあまりありません。したがって、手続き面で自分が覚えるのは大変という方や、時間を短縮して別のことに注力したいから専門家に任せたいという方々に向いています。代行業者をやっている士業は行政書士や税理士、司法書士や弁護士等ですが、それぞれ行える範囲が異なりますし、得意領域も異なるので、選ぶ時にはよく考えて選びましょう。

行政書士や税理士は、定款の作成と認証までは代わりにやってもらえますが、登記の申請書類の作成や登記申請の代行自体は行えません。これらの士業でも司法書士や弁護士と提携してやっていることもありますが、そうでないのに勝手にやっている場合は違法です。何らかの問題が起きて不利益を被るのは自分自身になりますから、違法業者を利用しないようにしましょう。

提携してやっている所でも、自分が登記をやるため定款の作成と認証までを代わりにやってもらいたいというなら、必要な範囲でサービスを提供しているところが多いので、目的に合わせて選ぶことが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *