Skip to content

会社設立の代行を依頼できる専門家とは

会社設立の際には様々な手続きをルールにのっとって済ませていく必要があります。

時間や手間をかければ、これらは個人で行うことも可能です。ただしミスが発生してそれを修正したり、必要な道具を揃えたり、様々なことを調べたりしなければならないため、なかなか自分ひとりだけで行うと言うのは難しいのも事実です。そこで頼りにしたいのが会社設立代行のサービスです。

これを利用すれば会社設立にまつわるいくつかの手続きを代わりに行ってもらえるため、大幅な手間、時間の削減につながります。勿論、サービス費用はかかってしまいますが、その分の価値はあると言えるサービスです。

ただしこれは誰でもができるわけではなく、専門家にしかできない部分もあると言うのは注意点です。具体的に会社設立の代行を依頼できる専門家としては、行政書士、司法書士、そして税理士の存在が挙げられます。まず行政書士ですが、主に官公庁に提出する書類や権利関係、事実証明などの書類の作成や提出手続きなどを行っている専門家です。

ですから必要書類作成の代行や、会社設立にあたり何かしらの権利をとりたいと言う場合には頼りにすると良いです。それから司法書士は会社の設立時には絶対的に必要な登記を行えると言うのが強みの専門職です。登記は行政書士、税理士には行えないことなので、もしひとつの事務所でできるだけ多くの代行サービスを終了させたいと言う場合には、司法書士のいる事務所を選択するのが望ましいです。

最後の税理士は税務関係のスペシャリストで、その関連の書類作成や届出を代行してくれます。更に税務関係の相談にものってもらえると言うのも、税理士を頼るメリットです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *