Skip to content

煩雑な会社設立登記作業は代行会社に頼むの効率的です

会社設立というのは、とりもなおさず会社を登記することを意味します。

登記にあたって必要な手続きとしては、定款認証、資本金の払い込み、法務局での会社登記などがあるのです。言うまでもありませんが、定款は法律に準拠していることが必須となります。定款が認証されないことには、設立登記ができません。

それほど重要な定款ですが、その中に記載すべき事項というのは経験のない人には、極めて難解なものとなっています。もちろん、後日に変更することは可能ですが、手間とお金がかかってくることを覚悟してかなければなりません。ですから会社設立登記の段階で間違いのないものを作成しておくことが肝要です。

そこで会社設立代行会社に依頼することが昨今は目立ってきました。代行会社であれば、定款を定めるときにも専門家としてのアドバイスが得られますし、何より膨大な書類作成を一手に引き受けてくれますから、時間というコストを考えますと多大の経費節減になるのです。

会社設立を考えている人は、事業展開に向けての準備をする必要がありますので、定款の中の需要事項を決定するというのはともかく、公証人役場に提出する書類作成や認証手続き、また設立登記に向けての書類作成や申請などに投入する時間はほとんどありません。時間的なゆとりが十分にあって、会社設立を急いでいるわけでもないというのであれば、自分自身で取り組めば勉強にはなるでしょうが、多忙で時間が足りないというのなら代行会社に頼むのが得策でしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *