Skip to content

会社設立の代行ができる専門家

会社設立の手続きは自分で多なうことも不可能ではありません。

ですが、様々なメリットを考えると会社設立は代行を依頼することがおすすめです。会社設立のためには、定款を作成し、公証人役場で認証してもらい法務局で登記をしなければいけません。また、資本金の払い込みも必要です。

これらの作業は非常に煩雑で、素人ではかなりの時間と労力がかかってしまいます。専門家に会社設立の代行を依頼すると、手続きをしてもらっている間に他の仕事にとりかかることができ、効率的です。会社設立の代行依頼ができる専門家には、司法書士、税理士、行政書士が代表的です。

どの線も名kに依頼するかは会社の設立にのみをいらいするのか、設立後の税務の面でも依頼するのかによって選択すると良いでしょう。司法書士は、登記の専門家です。会社の設立に必要な書類の作成や、法務局への登記まですべての業務を司法書士のみで完結することができます。設立の実績も多いため、安心して任せることができるでしょう。

しかし、設立後のアフターフォローはないことがほとんどです。税理士は、税務の専門家です。登記をすることができないので、税理士に依頼する場合は同時に司法書士にも依頼をするか自分で登記をすることになります。設立後の税処理を継続して依頼することができます。行政書士は書類作成代行の専門家です。

比較的安価で設立に必要な書類を作成してもらえます。飲食業等の許認可申請の書類も同時に作成してもらえます。税理士と同様に、司法書士に登記を依頼するか自分で登記をするかになりますが、登記のみ自分で行えば費用をかなり抑えることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *