Skip to content

会社設立の代行は司法書士と税理士が有効です

事業を始めるとき、会社にするか個人事業にするかの二つの方法がありますが、会社設立をしないまま事業を行えば自動的に個人事業になるので、選択は会社設立をするかしないかと同じ意味になります。

会社を設立するには住所地を管轄する法務局に設立登記が必要ですが、設立登記は司法書士に代行を委託することができます。設立にあたって必要な費用は定款の作成と認証の費用、登記の登録免許税と司法書士に代行を依頼する場合はその報酬、自ら申請する場合は報酬部分は節約できます。

但し、定款を紙で作成すると4万円の収入印紙を作成する必要がありますが、司法書士に電子定款を作成してもらうと、印紙が不要になる代わりに5千円程度の代行手数料で済み、約35、000円の節約になります。登記の登録免許税は自ら申請しても同じだけかかかるので、自分で申請する解任するかの違いは司法書士の報酬部分だけで、金額は数万円から5万円程度です。

報酬部分の金額は、電子定款で節約した金額で賄うことができるので、司法書士に依頼する場合は電子定款を作成できる人に委任すると有効です。なお、会社設立の登記申請がすんだら、税務署や都道府県、市区町村などの税務官庁に届出をします。

税務署に提出する青色申告承認申請や消費税の課税制度の選択など、書類の提出時期次第で節税が可能なものもあります。設立から日にちが立っていると選択できない制度もあるので、税制上最適な手続きとタイミングのアドバイスを受けるには税理士に相談すると効果的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *