Skip to content

会社設立代行の活用方法

最近では全国的に会社設立代行のサービスなども盛んに行われるようになってきています。

会社設立にあたっては定款を作成して認証を受けるとともに、法務局に登記申請書などの一式を提出して法人設立登記をする手続きが必要です。このような手続きは官公署への出頭などの手間がかかりますし、定款作成ひとつをとって見ても法律に則して内容を決めなければならないなど、高度の専門性が求められます。

そこで代行サービスを利用すれば、手間をかけずにこれらの手続きを済ませることが可能です。会社設立の手続きを代行するとはいっても、実際にそれを行うのは行政書士や司法書士といった、法律に関連した文書を作成するための国家資格を持った人たちとなります。

このようなサービスを受ける上での不安要素としては、内容などの間違いがなくしっかりと仕事を遂行してもらえるのかどうかです。しかし国家資格者が携わっている以上は、出資者本人がみずから手続きをする場合と比較して、そうした意味での不安は逆に少なくなるといえるでしょう。

このような代行サービスでは会社設立の際の定款には電子定款の方式を使用することがあります。電子定款は従来の紙の定款ではなく電磁的記録の状態になっているもので、収入印紙を貼付する必要がありません。そのために収入印紙の代金分を節約することが可能となりますので、たとえサービスの料金を支払ったとしても、なお紙の定款を作成する場合よりも安上がりになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *