Skip to content

会社設立の代行を依頼する時

会社設立ではしないといけない手続が多く、すべてを個人で行うのは厳しいため代行を依頼することで手続に関係する負担軽減に役立ちます。

またこの手続は順番に行う必要があるものがあり、またそれ以外にも期限が決められているものも多いです。そのため役割分担を行い、士業の専門家に任せられるところは任せるなどの対応が欠かせないものです。

士業への依頼では当然ながら依頼料がかかります。それでも開業者が手慣れているのであればともかく、今までにやったことがない手続があるとそれに時間をとられますので、他のことがおろそかになりやすいです。

こうしたこともあって士業の専門家に会社設立の代行を依頼することで、これから開業しようという人の負担を軽くしていくことを考えることも大事になります。開業までに行うべき手続は士業である程度はカバー出来ます。

会社設立に必要な手続の代行では定款の作成や公証役場での認証、次いで法務局での法人登記申請を依頼することが可能です。注意点としてはこれらの内容を把握することと、手続上の不備がないかどうか、さらに登記が完了した直後の対応がポイントになってきます。

法人は設立をすることが目的ではなく、その後運営をしっかりとやっていってもうけなり事業を継続していくことが大切なことです。そのために税金の届け出なども行わなければなりませんが、この手続についても税理士などに代わりの作成及び提出を依頼をすることで出来るものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *