Skip to content

会社設立の代行では依頼先が重要です

会社設立の代行ではその依頼先が重要になります。

通常は定款の作成や代理提出を行政書士が行い、法務局での登記申請などの対応を司法書士が行います。このとき司法書士はともかく行政書士は依頼先によっては、あまり会社設立の代行を引き受けたことがないところもあるため、手続に時間がかかったりするケースがあります。これでは依頼してもあまり効果的な対応が期待出来ないです。

手間ばかりかかって時間もロスをするようなことも起こり得ます。こうした問題もあって特に定款の作成と公証役場への申請は、自ら行うケースも多いです。また行政書士に依頼をするときには経験を重視し、対応力に優れたところに依頼を行うケースが多くなっています。

自ら会社設立の手続をやって方がいいと思われてしまっては、依頼するメリットがありませんので代行をするよりは自らする方がいいと思われないように、しっかりとした対応が出来る士業に任せることが求められてきます。

依頼する側も信頼出来るところかどうか、期限内に対応が十分に出来るかどうかなどを考えて任せることが先決です。信頼出来ないような業者に任せても結果として失敗したり期限を守ってくれなかったら、意味がありません。それどころかビジネス上において明らかにマイナスになってしまいます。

信頼出来るところかどうかのチェックは、今までにその士業の事務所がどれだけの依頼をこなしてきたかを調べる方法があります。ホームページなどで公表されていることも多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *