Skip to content

会社設立代行企業の業務について

会社設立を代行する企業が行う主な業務としては、会社の設立要綱の決定や事業計画書の作成、役所への届出などとなります。

会社設立のときにつくる要綱のことを定款といいます。定款は、会社設立の代行する企業に依頼する場合は基本的にはすべて電子定款となります。その理由は、電子定款のほうが安く済ませることが出来て利用者にとってのお金の負担を軽減させられるためです。

電子定款を利用することによ印紙代がカットされため、4万円安く手続きができるようになります。ただお金に余裕があって紙として定款残したい場合にも依頼することで対応することは可能です。他には、会社をつくるにあたってのアドバイスも行っています。

例えば出資金に関してで、出資金と呼ばれる会社設立の際に預けることお金は、1円からの出資でも手続きすることは可能です。ただこちらは、それだからといって安易に会社を設立するのは危険なこともあるため注意して手続きを行うことが利用者には大事です。

このあたりは話し合いを行っておいてどの程度の金額を考えれば良いのかを代行する企業スタッフと相談しておくと良いでしょう。会社設立を代行する企業は、会社の事業を開始する段階でも相談することでサポートしてくれることが多いですのでまずは気になることがあればなんでも相談してみると良いです。気になる税金関連に関しても、会社を設立してくれる企業はきちんと問題解決のために対応してくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *