Skip to content

電子定款の作成方法とは

会社の基本となる原則を記載した文書を定款と呼んでいますが、この定款を紙の文書ではなくデジテルデータの形式で保存したものが電子定款です。

定款といえば従来は紙の文書が当たり前でしたが、法改正によって平成19年からは電子定款であっても従来の定款と同様に認証を受けることが認められるようになっています。この電子定款は紙ではありませんので、もともと必要だった4万円の収入印紙を貼る必要がなくなります。そのため会社を設立する際の節約テクニックとして、現在では広く普及するようになっています。

電子定款とはいっても定款に代わりはありませんので、会社の事業目的や所在地、出資する金額や出資者の住所氏名などの重要事項はすべて盛り込んでおく必要があります。パソコンを使って市販のワープロソフトなどで作成するところも同じですが、ここでプリンターから印刷するのではなく、PDFファイルの形式にしておきます。紙の文書ではありませんので、署名捺印の代わりに電子署名をこのPDFファイルに挿入します。

電子署名をするには電子証明書がICチップのなかにインストールされたマイナンバーカードが必要ですので、あらかじめ取得しておく必要があります。これをICカードリーダーライターにセットして、専用ソフトを使って電子署名を挿入します。したがって収入印紙代は不要とはいっても、こうしたソフトやカードリーダーライターのような機器の購入代金は必要になってきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *