Skip to content

電子定款を使用することのメリットとは

原子定款は、会社を設立する際に用いられる手法です。

定款とは、会社の目的や成り立ち、組織などの基本的規則を記したものです。それに記されているかどうかで法的効力が異なってくる記載もありますから注意が必要になります。作成された定款は、法務局に提出して認証を受けることになります。従来は、紙で作成された定款を窓口に出して認証を受けていましたが現在は電子定款という方式でコンピューターを使用して申請することができるようになりました。

やり方としては、最初にWordファイルで作成してそれを送信ファイルのPDFファイルに変換する必要があります。電子定款を作成するには、変換する為のソフトが必要です。電子定款が有利になる点は、紙ベースで保管する形式になる定款では、提出にあたって貼付する印紙代がかからないことです。貼付する印紙は4万円になります。経費節約の効果はあり、申請者本人で手続きをしようとする人もいます。しかしながら、電子定款は、認証申請を一度してしまうと訂正や再申請をするのに非常に時間がかかります。

株式会社設立の申請には、申請料を払う必要があります。5万円の申請料をもう一度払うことににもなりかねません。申請の書式をチェックしてもらうことも必要ですので、電子認証は自分でやるのではなく専門家である司法書士に依頼すれば電子定款を利用することによって印紙代を節約することができ、しかも早く確実に手続きをすることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *