Skip to content

電子定款のメリットについて

定款とは、会社を設立する際に会社を運営する上で必要な基本的な内容を記載したものになります。

定款は作成しただけでは効果がなく公証人役場で認証してもらう手続きが必要となります。従来は紙媒体の定款を作成し認証手続きをしておりましたが、パソコンとインターネットが広く普及する現代においてはPDFとして作成された電子定款を用いて認証手続きを行うことができるようになりました。電子定款で手続きを行うことの最大のメリットとして、認証手続きであればオンライン上で行うため時間を選ばずに提出できます。

提出後は電子定款を公証人役場に受け取りに行く必要がありますが、作成時間を考慮すれば大幅に時間短縮となります。また、最大のメリットとしては電子媒体として作成したもの印紙税が発生しないことになります。紙媒体で作成された定款は印紙税の課税対象文書に該当するため、4万円の印紙税が発生します。しかし、電子定款は文書とはならず電子媒体と扱われるため非課税となります。

定款を作り慣れた人であれば、自分で定款を作成し認証手続きをすれば印紙税もかからず対応可能ですが、作り慣れていない人が多いのでほとんどが代行に作成を依頼しております。紙媒体では代行料にプラスして印紙税4万円が別途発生しますが、電子定款であれば印紙税分は安くなるため、定款作成を依頼するのであれば、紙媒体ではなく電子媒体での定款作成を依頼するのが良い選択となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *