Skip to content

電子定款を作成するために必要なこと

電子定款の作成をウェブサイトだけを窓口にして激安で代行してくれる会社は、ほとんどの場合は司法書士や行政書士と提携しています。

メリットは手数料が安いことで、数千円の依頼料金で電子定款だけではなく、会社を設立するのに必要となる書類まで作成してくれる場合が少なくありません。とにかくコストを抑えて会社を設立したいといったときに適しています。デメリットとして挙げられるのは、書類を作成することまでは対応出来ますが、法務局や公証役場にまでは代わりに出向いてはくれないところがほとんどなことで注意が必要です。

ワープロソフトを使って作り上げた定款に電子署名を施すためには、特定のファイル形式に変換する必要があります。電子署名とは各自治体で発行する電子証明書つきマイナンバーカードに付与された電子証明書の情報を特定のファイル形式の電子定款データに付与することです。ですので自分で電子定款を作成する場合は各自治体が発行する電子証明書つきマイナンバーカードを手に入れる必要があります。

ICチップが電子証明書つきマイナンバーカードには取り付けられていますが、そのICチップから電子証明書の情報を読み込んで特定の形式で作成した定款データに電子署名を付与するためにはICカードリーダライタを用意することも必要です。ICカードリーダライタには幾つかの種類があり、その中でも公的個人認証サービスに対応しているものを選ばなければいけません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *