Skip to content

電子定款作成は何処に依頼すると良いのか

会社を設立すると決算が必ず到来して、税務署に対して決算を申告する必要があります。

そして、金融機関から営業資金を融資してもらうことを検討するときにも、会社の業績を示す貸借対照表や損益計算書を提出することが求められるのです。ですので会社を設立するときに相談できる税理士がいないという場合は、電子定款の作成を依頼するときに会社を開設する手続きを含めて税理士に無料相談という場でアドバイスを貰うのが良い方法になります。

司法書士に電子定款の作成の手続きを依頼すると、電子定款を作成する手続きだけではなく公証役場に出向いたり、設立した会社を登記したりするのに必要が生じる法務局に出向いたりする行為も代わりに行ってくれることが多いため、自分で行う必要があることは最低限で済むのです。会社を設立する手続きを最短で効率的に済ませたいときには、司法書士に依頼するのが確実な方法であると言えます。デメリットとして挙げられるのは、他のところに頼むよりも依頼料が比較的割高であることが多いことです。

行政書士に電子定款の作成を依頼したときのメリットとして挙げられるのは、司法書士に依頼するよりも依頼料が比較的割安であることになります。電子定款を作成する作業だけ依頼したいときには行政書士に依頼するのがよい方法です。しかし、行政書士に対しては定款を電子申請を依頼することは可能ですが、設立した会社を登記するために法務局に対して提出する必要がある書類作成を依頼することは出来ないので注意する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *