Skip to content

電子定款を活用して経費削減

定款は会社の目的や所在地、商号、出資者などさまざまな基本となる事項を規定した重要書類です。

新しく会社を設立するにあたっては、このような定款を作成した上で認証を受け、最後に法務局で法人登記をすることになります。このような手続きには当然ですが手数料や国税などの経費の支払いが必要となります。会社の設立時は収入そのものが不安定ですので、できれば余計な支出は抑制しておきたいものですが、法令で規定されている税金の金額などはなかなか節約したくてもできるものではありません。

そのようななかでも、従来の定款に代えて電子定款を使う方法であれば、会社設立時に数万円程度の経費節減が可能です。電子定款とはいっても普通の定款と特に内容的には大きな違いがあるわけではなく、作成の方法が異なっています。電子定款はさまざまなプラットフォームで使えるPDFファイル形式にした定款で、当然ながらこの形式でも認証や登記が法令上もできるようになっています。

電子定款を使えば紙とは違って収入印紙の代金が必要なくなりますので、それが数万円の経費削減の効果となってあらわれる仕組みです。ただしPDFを作成できるソフトや電子署名をPDFファイルに追加するためのカードリーダーライターなとが必要になります。もしも手持ちがない場合は司法書士や行政書士に依頼をすれば、すでにこうした準備は事務所にあるはずなのであえて購入の必要はありませんし、収入印紙代の節約で報酬の金額は十分にまかなえるのが普通です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *