Skip to content

電子定款を活用した法人設立

法人を設立するにあたってはいくつかの手続きが必要となります。

たとえば株式会社の場合であれば、まずは定款を作成した上で認証を受け、さらに法務局で登記をしなければならないことになっています。このような手続きを子細に見れば、定款作成を司法書士などに依頼すれば報酬が発生しますし、定款そのものにも収入印紙を貼ることから印紙代が必要です。認証を受けるのも公証人に対して一定の手数料を支払ってからとなります。最後の登記もやはり登録免許税がかかります。

このように手続きそのものだけでも一定の費用を準備しておかなければならず、個人事業から会社設立を考えている人にとっては、なかなか金銭的に厳しいものがあります。しかし一定の工夫によって会社設立時の金銭的な負担を少なくすることは可能です。たとえば紙の文書としての定款の代わりに電子定款を使う方法です。電子定款はその名が示すとおり、定款を電子ファイル化したものにほかなりません。

電子ファイルとはいってもどのようなアプリケーションソフトで作成してもよいということではなく、PDF形式にした上で、ペンで署名して捺印をする代わりに電子署名を挿入しておきます。そのため電子定款とはいっても何の準備もせずにできるものではなく、PDFライターやカードリーダーなどの装置が必要なのは確かです。もしも仕事で使っていてこうした準備が手元にあれば、電子定款は印紙代を削減できるためたいへん便利です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *