Skip to content

電子定款の作成を税理士に依頼すると色々な相談が可能

電子定款を作成することは必要となるソフトや機材が用意されていれば誰でも可能です。

ところが、電子定款を作成する作業はそれなりに手間がかかりますし、専用の機材を購入することも必要となります。会社を設立する専門家に依頼しても実際には費用に大幅な差はなく、電子定款を作成する手続きだけではなく会社を設立するための、ほとんどの手続きを代わりに行ってくれるため、手続きが完了するまでにかかる時間も最低限で済ませることが可能です。

そして、電子定款とは、特定の形式で保存した定款の電子データに電子署名を施したもののことを指します。電子署名とは電子データの文書に施す電子的な証明のことであり書面による文書でのサインや判子に相当するものです。また電子データに電子署名を施す方法は設立しようとしている会社がある自治体が発行する電子証明書が付与されたマイナンバーカードの情報を必要となる機材やソフトを利用して、特定の形式に保存した定款の電子データに付与します。

電子申請の手続きを代行する窓口となり得るのは税理士や行政書士、司法書士などが挙げられますが、税理士が直接電子定款を作成することは、ほとんどありません。税理士が提携する司法書士の方に依頼するケースが多いです。ですので電子申請の手続きだけを依頼したいときには適している訳ではないです。しかし、会社設立に関する手続きを税理士に依頼すると経営のことや税金のことについての相談をすることが出来るというのがメリットです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *